例年と違う2021年のJリーグの昇格と降格の条件

2021年のサッカーJリーグが開幕しました。昇格や降格のルールが、2020年シーズンはコロナ禍での開催により変更を余儀なくされ、2021年も例年とは異なっています。その内容をお伝えします。

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

2021年のサッカーJリーグが開幕しました。優勝争いはもちろんのこと、昇格や降格争いも見逃せません。

この昇格や降格のルールが、2020年シーズンはコロナ禍での開催により変更を余儀なくされ、2021年も例年とは異なっています。以下で、その内容をお伝えします。

自動昇格と自動降格

2021年の昇格と降格はすべて、年間順位で決まります。

自動昇格するクラブ数:J2からJ1、J3からJ2:ともに年間順位上位2クラブ

自動降格するクラブ数:J1からJ2、J2からJ3:ともに年間順位下位4クラブ

このように、昇格するクラブ数と降格するクラブ数が違います。

ちなみに、2020年シーズンの昇格降格ルールが「自動昇格クラブ:2」の一方で「自動降格クラブ:0」でした。

 

その他の条件

例年と違う点は他にもあります。

降格や昇格は全てリーグ戦で決まるので「J1参入プレーオフ」を行われません。

また、J2からJ1、J3からJ2への昇格条件となる年間順位で上位2クラブに入っても、Jリーグクラブライセンスの交付を受けてないチームは昇格できません。

それは例年通りですが、今回は年間順位3位以下のクラブの繰り上げ昇格がありませんので、入れ替わりとなる降格するクラブ数もその分少なくなります。

 

2020年に昇格したクラブ

コロナ禍というイレギュラーなシーズンで昇格を果たしたJ1J2クラブを紹介します。

J1昇格クラブ

徳島ヴォルティス

2020年J2成績:25勝9分8敗、勝ち点84、得失点差34

2014年J1初昇格を果たすも、1シーズンで降格し、今回が2回目のJ1昇格です。

アビスパ福岡

2020年J2成績:25勝9分8敗、勝ち点84、得失点差22

2001年にJ2降格、それ以降2005年、2010年、2015年と5年おきにJ1昇格を果たしていますが、いずれも1シーズンで再降格となっており、J1残留が期待されています。

 

J2昇格クラブ

ブラウブリッツ秋田

2020年J3成績:21勝10分3敗、勝ち点73

2017年にもJ3優勝したものの、クラブライセンスが交付されず、昇格は見送られていました。

今回はそれ以来のJ3優勝、念願のJ2初昇格を達成しました。

 

SC相模原

2020年J3成績:16勝13分5敗、勝ち点61

過去には、高原直泰や川口能活といった元日本代表メンバーも在籍していたことがあります。

2014年にJ3参入、2020年J2初昇格を達成しました。

More To Explore

ブログ&ニュース

toto(サッカーくじ)とスポーツベットの違い

totoとブックメーカーでは、同じサッカーを対象としたギャンブルですが仕組みや特徴には大きな違いがあります。
日本のtoto(サッカーくじ)とブックメーカーの違いを検証してみましょう。

ブログ&ニュース

EURO2020 決勝のみどころ

コロナ禍の影響で、延期していたEURO2020は準決勝まで行われ、残すは7月11日(日本時間:12日午前4時~)の決勝のみです。決勝に勝ち進んだのは、イタリアとイングランド、イタリアが勝てば53年ぶりの優勝、イングランドが勝てば初優勝となります。
今回は、決勝を控えた両チームの勝因やキーマンになりそうな選手について紹介します。

翻訳する »