toto(サッカーくじ)とスポーツベットの違い

totoとブックメーカーでは、同じサッカーを対象としたギャンブルですが仕組みや特徴には大きな違いがあります。 日本のtoto(サッカーくじ)とブックメーカーの違いを検証してみましょう。

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

サッカーに賭けることのできる「toto(サッカーくじ)」と「スポーツベット」。同じサッカーを対象としたギャンブルですが仕組みや特徴には大きな違いがあります。

この記事では、日本のtoto(サッカーくじ)とスポーツベットの違いを比較して分かりやすく説明しています。

 

toto(サッカーくじ)の正式名称は「スポーツ振興投票」で、一般的にはサッカーくじと呼ばれ、日本国内のサッカーが対象となっています。ちなみに、totoはイタリア語のトトカルチョが由来の愛称です。

一方、スポーツベットは、サッカーを中心にはじめ多くのスポーツへ賭けることができます。また、世界中で開催されるリーグや試合が対象となっています。

日本のJリーグも、もちろんベット対象となっています。スポーツベットはブックメーカーと呼ばれる、海外で運営されている胴元(企業)を通して行われます。

 

1.運営形態の違い

totoはスポーツ振興投票の実施等に関する法律を基に文部科学省が主管する独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営し、政府公認の公営ギャンブルです。

totoは、スポーツを楽しむための環境整備や選手の育成、活動の支援などのスポーツを対象とした公益活動を支援するための資金調達の手段として運営されています。

 

一方、ブックメーカーは民間法人が運営しています。もちろん運営する会社が所在する国や地域においては合法とされ、公認されたライセンスを取得しています。

ブックメーカーは対象となる賭け事の勝敗に沿って、賭け金を分配する純粋なギャンブルであり、インターネットの普及により一気に世界中に広まりました。

 

2.オッズの算出方法の違い

オッズ(odds)は確率数値であり、賭けに勝利した場合の払い戻しの倍率を意味します。

totoなどの日本の公営ギャンブルとブックメーカーでは、オッズの発表方法に大きな違いがあります。

ブックメーカーではオッズは賭けをする前に発表されていますが、公営ギャンブルでは賭け金が積まれた後にその状況によってオッズが発表されます。

これは、オッズの算出方法の違いであり、totoなどの日本の公営ギャンブルの方法はパリミチュエル方式、ブックメーカーの方法はブックメーカー方式と呼ばれます。

 

【パリミチュエル方式】

ベットされた賭け金の総額から胴元の必要経費と利益が先に確保されます。その規模はギャンブルによって違いはありますがおよそ30%から50%に上ると言われています。

胴元の利益確保の後にベット人気に応じて賭け金の配当倍率を決定するので発表がベット締め切り後になります。

これは、日本の公営ギャンブルは公益活動への資金の確保という目的に沿った方式と言えるでしょう。

 

【ブックメーカー方式】

ブックメーカーが発表するオッズは、運営会社が独自に取集した情報を分析し、勝敗の確率を算出して発表しています。

プレイヤーは発表されたオッズを参考にベットする事が可能になります。

ブックメーカーは民間企業であり、収入はベットに対する手数料なので場合によっては赤字になるリスクを負って運営されています。

 

いわば、パリミチュエル方式は後出しじゃんけんのような方式であり公益という目的はありますが胴元は絶対に損をしない仕組みになっています。

 

3.還元率の違い

totoとブックメーカーには勝ちやすさの目安とも言える還元率にも大きな違いがあります。

  • toto(サッカーくじ) : 50%
  • ブックメーカー : 95%

totoはパリミチュエル方式により還元率50%は、ほぼどの試合でも同様です。

賭け金の半分は胴元に吸い上げられているという考え方になります。

一方のブックメーカーでは試合の状況によって変動しますので、実際には90%~99%の間で熟れ動きます。

この、還元率で残された数%がブックメーカーの実質的な利益となり、控除率と呼ばれます。

平均して3~5%の低い控除率で運営可能となる秘訣は、インターネットを介して世界中のプレイヤーがベットしているからなのです。

 

More To Explore

ブログ&ニュース

toto(サッカーくじ)とスポーツベットの違い

totoとブックメーカーでは、同じサッカーを対象としたギャンブルですが仕組みや特徴には大きな違いがあります。
日本のtoto(サッカーくじ)とブックメーカーの違いを検証してみましょう。

ブログ&ニュース

EURO2020 決勝のみどころ

コロナ禍の影響で、延期していたEURO2020は準決勝まで行われ、残すは7月11日(日本時間:12日午前4時~)の決勝のみです。決勝に勝ち進んだのは、イタリアとイングランド、イタリアが勝てば53年ぶりの優勝、イングランドが勝てば初優勝となります。
今回は、決勝を控えた両チームの勝因やキーマンになりそうな選手について紹介します。

翻訳する »