財政破産から復活を果たした北英の古豪

2003-04年シーズン以来、17年ぶりのプレミア復帰を果たした「リーズ・ユナイテッド」。実はここまでの道のりは「いばらの道」ともいえるほど過酷なものでした。一体、何があって、どのようにして、現在の位置にたどり着いたのか、紹介していきます。

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

「リーズ・ユナイテッド」というクラブをご存知でしょうか?

2019-20シーズン、イングランド:チャンピオンシップ=2部リーグで優勝、プレミア=1部リーグ昇格を果たしたクラブです。

2003-04年シーズン以来、17年ぶりのプレミア復帰を果たした同クラブ、実はここまでの道のりは「いばらの道」ともいえるほど過酷なものでした。

一体、何があって、どのようにして、現在の位置にたどり着いたのか、紹介していきます。

1919年創設

リーズ・ユナイテッドは、1904年に創設された「リーズ・シティ」がチームの不正疑惑でリーグから抹消されることになり、それを引き継ぐ形で1919年創設されました。

まだプレミアリーグが「ディビジョン1」という名称だった時代の1973-74、1991-92シーズンにリーグ優勝、1967-68シーズンにはカップ戦2冠を達成、強豪として認められるクラブでした。

金満補強のツケ

2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではベスト4進出を果たすなど、大躍進を遂げます。

しかし、この時の補強に費やした費用が、以後、重くのしかかります。

2000年に移籍金1,800万ポンドで獲得したリオ・ファーディナンドを、2002年に3,000万ポンドでマンチェスターユナイテッドに放出するなど、主力を次々放出します。

これが著しい戦力低下を招き、2003-04シーズンにチャンピオンシップリーグ降格しました。

破産申請→3部降格

リーズの凋落はここで終わりません。

2005年からリーズを買収し会長に就任したケン・ベイツら経営陣は、負債の減額に努めますが、全くと言っていいほど歯止めがかからず、2007年には破産申請を余儀なくされます。

破産申請によってリーグ戦の勝ち点を剝奪され、3部リーグ降格が決定してしまうのです。

その後も慢性的な財政難が改善されず、選手への給料すら払えない時期もありました。

2012年からはドバイのGFHキャピタルが買収し、立て直しを図りますが、それまで会長を務めたケン・ベイツが理事長としてクラブに留まったことが、これまで支えてきたサポーターの反感を買ってしまうのです。

それまで約40,000人収容できるホームスタジアム:エランド・ロードには、降格してもなお、平均26,000人の熱心なサポーターが駆けつけ声援を送っていました。

しかし、ケン・ベイツ留任によりスタジアムに来るサポーターの数が激減したのです。

選手放出を余儀なくされ、サポーターからも見放される惨状。

危機感を抱いたGFHキャピタルはケン・ベイツを強制退任させ、SNSを駆使したサポーターとの交流を積極的に行い、徐々に立て直しに向かいます。

財政的な立て直しは2014年、イタリア人のマッシモ・チェリーノがクラブ買収に乗り出したことから始まり、徐々に戦力の再整備が進みます。

2018年夏には、奇才といわれるマルセロ・ビエルサが監督に就任。

それまでチャンピオンシップリーグで昇格争いに絡めなかったチームが、2018-19シーズン3位に躍進、就任2年目2019-20シーズンに優勝し、プレミア復帰を果たしたのです。

プレミア昇格後

2020-21シーズンは開幕戦で、敗れはしたもののリヴァプールと互角に打ち合いました。

31節には首位マンチェスターシティを相手に、前半からリーズに退場者が出た状況にも関わらず2-1で金星を挙げるなど、20チーム中10位と健闘しています。

財政難による破産申請から、3部リーグ降格というどん底を味わったリーズ・ユナイテッド。

再び輝きを取り戻そうとしている「北英の古豪」に注目です。

More To Explore

ブログ&ニュース

toto(サッカーくじ)とスポーツベットの違い

totoとブックメーカーでは、同じサッカーを対象としたギャンブルですが仕組みや特徴には大きな違いがあります。
日本のtoto(サッカーくじ)とブックメーカーの違いを検証してみましょう。

ブログ&ニュース

EURO2020 決勝のみどころ

コロナ禍の影響で、延期していたEURO2020は準決勝まで行われ、残すは7月11日(日本時間:12日午前4時~)の決勝のみです。決勝に勝ち進んだのは、イタリアとイングランド、イタリアが勝てば53年ぶりの優勝、イングランドが勝てば初優勝となります。
今回は、決勝を控えた両チームの勝因やキーマンになりそうな選手について紹介します。

翻訳する »